ケルリッチオニオン

ケルリッチオニオン
区切り

ケルリッチオニオンは、通常の玉ねぎの約1.5倍のケセルチンを含み、主に生活習慣病・糖尿病、肥満・メタボリックシンドローム、 認知機能、動脈硬化、花粉症などアレルギー体質の予防や改善が期待できる新種の健康玉ねぎです。

商 品 案 内

ケルリッチオニオン

ケルセチンたっぷりの新種玉ねぎ
「ケルリッチオニオン」
こちらからご購入いただけます。

↓  ↓  ↓

玉ねぎ効果

こんなにすごい!ケルセチン

カラダに嬉しい高い抗酸化作用

  • ☑ 生活習慣病予防・糖尿病の改善
  • ☑ 肥満・メタボリックシンドロームの予防・改善
  • ☑ 認知機能改善
  • ☑ 動脈硬化の予防
  • ☑ 花粉症などアレルギー体質の改善
☑ 生活習慣病予防・糖尿病の改善

ケルセチンは膵臓や肝臓の酸化ストレスを軽減し、細胞死を抑制して肝障害や糖尿病の症状を改善すると考えられています。
糖尿病を誘発したマウスを用いた実験でも、ケルセチンを続けて投与することで血糖値が低下し、糖尿病の症状が改善したという研究結果が報告されています。

☑ 肥満・メタボリックシンドロームの予防・改善

ケルセチンは免疫細胞の増加・活性化、脂肪蓄積に伴う活性酸素種の増加を抑制して、メタボリックシンドロームの改善に寄与するという研究結果が報告されています。

☑ 認知機能改善

生活習慣病が認知症の発症に関わることが明らかになるにつれて、食生活を通しての認知症の予防や認知機能の改善が期待されています。
マウスを用いた実験では、ケルセチンはアルツハイマーマウスや老化マウスの 認知機能を改善することが報告されています。

※上記の研究内容は国立研究開発法人農研機構ページでご覧いただけます。
農研機構ページで詳しく見る

☑ 動脈硬化の予防

心臓病や脳梗塞を誘発するとされる動脈硬化。
ケルセチンは高い抗酸化力で動脈内の悪玉コレステロールの蓄積や酸化を防ぎ、 血流を促進(いわゆる血液サラサラ)、毛細血管や血管壁を強くすると言われています。

☑ 花粉症などアレルギー体質の改善

ケルセチンは抗炎症作用を持ち、非常に高いヒスタミン抑制効果があるといわれています。
免疫細胞のヒスタミンの過剰な生成を抑制し細胞膜を安定させることで、花粉症やアレルギー体質の改善に役立つと言われています。

玉ねぎ 料理 レシピ集